フリーランチなど無い - There ain't no such thing as a free lunch

iTunesで映画レンタル

先週からiTunesで映画レンタルが始まった。 試しに借りてみたがなかなか便利でいい。 まだ作品数はそれほど多くないのだがある程度充実したらGEO、ツタヤには行かなくなるんだろうな。 新作¥400、旧作¥200〜300でHDなら¥100増し。期間は30日間だが視聴開始時から2日で強制返却される。 ダウンロード時間は1時間弱くらい。光回線でこれはちょっとなあ。

以下不満点

もう少し作品数が増えて欲しい。権利関係もあるのだろうがハリウッド映画、日本映画以外も増やして欲しい。 料金がちょっと高い。新作¥300、旧作¥200ならよかった。ドラマも連続して借りたら割引とかやって欲しい。そのくらいでリアル店舗のレンタルに対抗出来る。 DLではなくストリーミングして欲しい。見たい映画を見るのに1時間も待っていられない。AppleTVでは出来るのに。差別化だろうか。 メリット

見たいときに見られる。ビデオ屋まで走らなくていい。 返す手間も無い。 メリットがこれだけ?と思うかもしれないが少なくとも僕には十分だ。 とくに返す手間が無いことで延滞の心配をしなくてすんだ。 デメリットもどちらかといえば解消されればなあ程度なので今後も見たい作品があれば普通に利用するだろう。 今までに無い利用形態としては例えばブログや映画批評サイト等で好評の映画があったときにiTunesのリンクから飛んで視聴といったことが考えられる。書籍や漫画でネットのレビューを見た後Amazonのリンク経由で購入することが多いので、映画でも同じように視聴してしまいそうだ。ネット経由でこういう買い方をする人って結構いるんじゃないだろうか。

あと、AppleTVは買うほどでもないと感じた。もっと利用頻度が上がったら手が出るのかもしれない。